安中市まちづくり ワンワンチーム

「安中市の現在と未来を考える会」 【安中市まちづくりワンワンチーム】

第3回住民シンポジウム  私の願うまちづくりと市庁舎建設

 

 

第3回住民シンポジウム 私の願うまちづくりと市庁舎建設

安中市まちづくりワンワンチームのチャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC5d8xoe501LzvO3gksBkjgQ/featured?view_as=subscriber

・日時 2020.8.24(月)

・場所 安中市勤労者会館松井田館(松井田文化センター西)

 「私の願うまちづくりと市庁舎建設」  

         ~松井田の商店街でケーキ🍰屋を営んで~ 

   提案者 本多操さん・日新堂店主

・住民が理想的な市庁舎について自分たちで考え話し合う場です。

・ECO-フレンドリー広場 同時開催同日、同会場において夏野菜を含む日曜品交換会を開催‼ 「もったいない精神」とECOな暮らしの広場です。日雑貨・食材を活用しましょう。自由にご参加ください。

・今後の予定 全9回の連続住民シンポジウムを10月までに予定。  

伊丹仲七氏、水上勝之氏、宇佐見義尚氏(順未定)・市民公募提案者・市民懇談会参加者・市庁舎建設検討委員会員市議の皆様を予定交渉中です。

あわせて市民皆様から提案やご意見を募集しております。

 

・お問い合わせ、ご意見はこちらへ。

安中市まちづくりワンワンチーム    吉永真(090-8475-3804)         nonohana120@gmail.com

・市庁舎建設を考える市民の会      小川光(080-6704-1388)  ogawa999@outlook.jp

安中市まちづくり研究会      宇佐見義尚(090-3819-4770) usamiyoshinao@aol.com

-----------------------------------------

FaceBookページ→ https://www.facebook.com/annakawanwan/

ブログ → https://annakawanwan.hatenablog.com/

 

-----------------------------ここから文字起こし ↓↓↓

 

こんにちは!

今朝、昨日の24時間テレビの中で、高橋尚子さんとその仲間たちの走りを視て
ちょっと、涙が出ました。みんな、頑張ってるなぁ~。他の人たちもみんな、頑張っているので今日、私も、頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

不慣れなもので、原稿を読ませてもらいますので、座らせてもらいます。よろしくお願いします。今日、8月24日(月)皆様お忙しいなか、猛暑の続いている中、ご参加いただきましてありがとうございます。この暑さの中でコロナ感染予防マスクは、子どもたちにとっても大人たちにとっても苦痛ですね。一日も早くワクチンができて、コロナが消滅する日が来て欲しいとおもう願う私は本多操と申します。

昭和25年生まれです。あっという間に70になってしまいました。団塊の世代です。日本の人口の一番多い世代に育ちました。そんな私は松井田町に生まれて、松井田町に育ち、縁がありまして松井田町内のお菓子屋さんからまたお菓子屋さんに嫁ぎました。生粋の江戸っ子ではなくて松井田っ子です。
      
今年の3月ごろでした。宇佐見先生から松井田町の様子を振り返って話して欲しいと
声、掛けられました。振り返ってみますと、町の中は町の中からは、お店も子どもも人も消えていました。昔の賑やかさはどこにもありませんでした。毎年恒例の暮れの市、
三月の雛市、秋は町民運動会、お祭り、昔とは大違いです。

寂しい限りになっています。

そんな中でも嬉しいこともあります。この町に住みたいと若い二組のご夫婦が町の住民になりました。私はとっても嬉しくなってすぐ友達になりました。

そして既に松井田町が好きだと言って、18年前、横浜から来られた方がいます。友禅作家でいらっしゃいます。日本中に活躍なさっている永井さんを紹介させていただきます。永井さん、ちょっと立ち上がってください
(※永井さん、にこやかに立ち上がり、一同拍手)松井田の町を大好きになってくださる方がいらっしゃるので応援していただきたいと思います。よろしくお願いします。

 さて、皆様は子ども食堂を知ってますか?友人である永井與子さんが子ども食堂に参加されているのを聴いて、今なら私にも誰かの為にお食事を作ることができるかなぁ?と、思って、仲間に入れて戴いたところ、びっくりしました。驚きました。なんと、会員の皆さんが早朝より毎朝、畑を耕し、種を蒔き、苗を植えて、草を刈って、野菜を作っていたんです。

 その無農薬の野菜が私の所に配られました。
会員の皆さんのご苦労が心が一杯籠った詰まったお野菜に感動を受けました。
とても美味しく有難く、心を籠めてお弁当を作ろうと改めておもいました。

月に一回のお弁当つくりは、おかげ様で私の友人とお店のスタッフが
朝早くから、ボランティアしてくれます。みんな気持ちよく愉しく作ってくれるので改めて感謝してます。ご近所の奥様から「毎月、愉しみですよ‼」「美味しいですよ‼」と、声を掛けて戴きますと、疲れも飛んでしまいます。「また、来月も頑張ろう!」と思う、70歳の私です。

 子どもの居ない町で考えました。子どもさんはもちろんですが、私の作るお弁当は毎日子育てに疲れ気味のパパ、ママ、お独り暮らしのおじいちゃま、おばあちゃま、お仕事に追われている、お父さん、お母さんの為にお弁当を月に一回、一度 作ろうと、食べてもらおうと、思っています。

 

 その、ジジババ食堂を立ち上げたトップにいらっしゃる方が宇佐見先生とその仲間たちです。何度かお話しさせて戴くうちにこの「市庁舎建設」についてのお話しがありました。私は詳しいことはわかりません。難しいことはわかりません、が
多額のお金を使い、わざわざ市庁舎を作る必要があるんでしょうか?

みなさんが、今、此処に来るまでに見てきた、現在の松井田支所になっています建物を
使ったらどうかと私は思っているんです。中も、外も、一流で作られているそうです。
高崎市庁舎、前橋県庁舎も、中は殆ど空いているそうです。新しい市庁舎は本当に
必要なんでしょうか?次の世代の人に必要なんでしょうか?

今、現在、パソコン一台で、オンラインで世界中と繋がっています。

市長さんはじめ、議員さんのみなさんに本当に言いたいです。
松井田は高速インター有り、妙義山を控え、妙義湖、碓氷湖、めがね橋、
たくさんの良いところがあります。

イノシシやシカ、ハクビシンの棲むところではないんです。
働いてください、次の世代の人達の為に動いてもらって、松井田に沢山の人が
来るように、動いて欲しいと思います。

うまくお話ができませんでしたが、お聴き難いところがあったと思いますが、
この町に、この町が大好きな町民の一人として、

私の主張はこれで終わりにしたいと思います。
ありがとうございました!